Kaion Grande

『Kaion Grande』は、海釣り・海水魚飼育・音楽をメインテーマにしたブログです。

Kaion Grande

船タコエギ、船でのマダコ釣りの仕掛け・釣り方を解説!

「船タコエギ、船でのマダコ釣りの仕掛け・釣り方を解説!」イメージ

船タコエギ釣り、船でのマダコ釣りの仕掛け・釣り方を解説!

タコ(マダコ)の特徴と釣れるシーズン

タコは数種類生息していて通常タコは、マダコを指します。太い8本の足と吸盤を持っているのが特徴で、身の危険を察知するとスミを吐いて逃げます。身を守るため、体色を保護色に変化させることもできます。

甲殻類や貝類を食し、カニが大好物とされています。夜行性で、昼間は岩の窪みなどの巣穴付近であまり動かずに生息しています。

釣れるシーズンは5月~12月で、捕食活動が盛んになる7月~8月がベストシーズンです。シーズン初期は、約500gの小型で、秋には約3kgの大物も釣れます。

タコの釣り方

タコの釣り方は、カニをエサにする沖でのテンヤ釣りが一般的で、堤防からはマダコ専用のタコエギを使ったタコエギング、沖のタコエギングも人気です。

この記事では、船での沖のタコエギング(船タコ)について、より詳しく解説します。

船タコエギの仕掛けとオススメ商品

船タコの基本となる仕掛けは、タコエギ専用ロッドと小型のベイトリールが必要です。

「船タコエギ仕掛け」イメージ

ロッド

ロッドは、5.5~6ft(1.8m前後)のタコエギ専用ロッドを使用します。

青物やタチウオ用のジギングロッドでも代用できますが、タコエギ専用ロッドがおすすめです。

リール

リールは小型ベイトキャスティングリールを使用します。

ライン

ラインは、PE 2~4号を使用します。

リーダー

リーダーは、フロロカーボン 8~12号を使用します。

リーダーにPEを使用するのは、他の釣り人と糸がお祭りになった時に切れやすくなるのでおすすめできません。

タコエギ

タコエギは、3.5号か4号のタコエギを1個もしくは2個使用します。釣果を上げるためにもタコエギ用のスナップサルカンを付けて、タコエギは2個付けがおすすめです。

タコエギのカラーは、白色・黄色・ピンク色・緑色・赤色などをチョイスして、数種類準備しておくのがいいです。

基本はアピール力が強い白色や黄色やピンク色の派手な色を選びます。食いが渋い時は緑色や赤色にチェンジし、日中は地味な色を選びます。

タコエギサルカン

タコエギを2個付けて、その下にオモリを付けるため、タコエギのサルカンが必要です。

上のツインスイベルでもいいですが、よりおすすめしたいのがタコパラツイン遊動天秤です。それぞれのサルカンが上下に動くことができ、タコエギが遊動することでよりタコにアピールできます。

オモリと集魚板(集寄)

底を取るために、ナス型や六角型のオモリ 40~60号を使用します。

船タコ専用の集魚板(集寄)というものもあります。視覚的にタコにアピールできるので、付けるとより釣果アップです。

船タコエギの釣り方

タコエギの仕掛けを投入したら、竿先を下にして、親指で糸の出を調整するサミングをしながら落とし、着底を待ちます。この底取りが最初難しいのですが、着底は竿先のティップで確認するようにします。着底後は、素早く糸ふけを取ります。

その後は、「小突き」のアクションを繰り返します。小突きは、オモリを海底から離れないようにしながら動かすことです。オモリが立ったり寝たりするようなイメージで、軽くロッドをシャクってタコエギを動かし、タコにアピールをしていきます。

ラインが斜めになって流されている場合は、ラインを回収して、もう一度落とします。

小突きを繰り返していると、タコが触ってくる感触が竿に伝わります。その時は、まだアワセないで、小突きを5~10回行い、タコがタコエギを抱いてくるのを待ちます。

そして、大きく竿を立ててアワセを入れます。

巻き上げは、遅すぎない一定のスピードで巻き、海面まで見えてきたらタモでタコを取り込みます。タコエギを外したら、タコが脱走しないように素早くネットに入れましょう。

タコエギの応用編

テンヤ釣りではカニなどのエサの他、イワシやアジ、豚の背脂や鳥皮を巻いてエサとしていますが、タコエギにもこれは使えます。タコエギに豚の背脂を直接ワイヤーでくくりつけ、タコに嗅覚でもアピールする方法です。タコエギにイワシ油やなどを含ますといった方法もあります。臭いで広範囲のタコを寄せ付ける誘引剤の「ノリノリタコライダー」は、タコエギにそのまま噴射するだけで、効果抜群の商品です。

www.kaiongrande.com

また、エサやワームを装着できるように作られたタコエギもあり、ワイヤーが不要で簡単です。

船タコエギのまとめ

7月~8月はタコ釣りのベストシーズンで、船でのタコエギングが楽しめるシーズンです。タコは夜行性なので、夜釣りがメインとなっていますが、朝マズメから日中にかけても釣れます。

タコエギは色んな商品が出ていて、試行錯誤を楽しめますし、比較的簡単に釣れるのでおすすめの釣りです。