Kaion Grande

『Kaion Grande』は、海釣り・海水魚飼育・音楽をメインテーマにしたブログです。

Kaion Grande

釣りで使うラインの種類と選び方

「釣りで使うラインの種類と選び方」イメージ

釣りで使うラインの種類と選び方、「lb」と「号」について。

ラインってどんなのでもいいの?

ラインは使うシーンに合ったものを選ぼう!

釣りで使うラインの種類

釣りで使うラインの種類と選び方について説明します。

まず、釣りで使用されるラインは、ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの3種類に大きく分けられます。

それぞれのラインには特徴があり、使用されるシーンも異なります。

ナイロンラインの特徴

一般的に広く使用されるのがナイロンラインです。ナイロンラインは安価で、リールの道糸としてよく使用されます。リールに最初から巻いてあるラインは、だいたいナイロンラインです。

伸縮性があり、リールのスプールになじみやすいので、ライントラブルが少なく扱いやすいといった特徴があります。しかし、吸水率が他のラインよりも高く、劣化しやすいのが欠点です。

堤防での釣りや磯釣りのリールの道糸としての使用がメインです。

フロロカーボンラインの特徴

フロロカーボンラインは、ナイロンラインよりも伸縮性が低くて感度がよく、吸水率も低いのでラインが長持ちしやすいといった特徴があります。

根ズレなどの擦れにも強く、沈みやすいので、仕掛けやルアーを沈ませるためにハリス(リーダー)としてよく使用されます。

値段がナイロンラインよりも高価になります。

ルアーフィッシングでのリールの道糸や、ハリス(リーダー)としての使用がメインです。

PEラインの特徴

PEラインは、細かい繊維の糸を編み込んで作られているので、他のラインと比べて引っ張り強度がとても強いです。

なので、ナイロンラインやフロロカーボンラインと同じ強度で、細い号数を使用できます。伸縮性がなく、感度が非常にいいのが特徴です。

感度や飛距離を重視する投げ釣りや、ルアーフィッシング、船釣りでよく使用されます。

吸水性が低いので劣化もしにくく、巻きぐせもつかないので長持ちします。

値段が高価で、ライン自体に張りがなく、風が強い日はライントラブルが起きやすいというデメリットもあります。

ルアーフィッシングや船釣りでの使用がメインです。

ラインのIbと号の換算

ラインには、「lb(ポンド)」と表記されたものと「号」で表記されたものがあります。「lb(ポンド)」は重さを表す単位で、「号」はラインの太さを表しています。

ライン換算表
lb 4 8 10 12 14 16 20 40
1 2 2.5 3 3.5 4 5 10

まとめ

釣りで使用されるラインは、ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの3種類があり、使用するシーンで使い分けます。

参考にしてみてね!