Kaion Grande

『Kaion Grande』は、海釣り・海水魚飼育・音楽をメインテーマにしたブログです。

Kaion Grande

カクレクマノミとの混泳【オススメの海水魚】part1

「カクレクマノミとの混泳【オススメの海水魚】」イメージ

カクレクマノミとの混泳にオススメの海水魚を紹介。

カクレクマノミとの混泳【オススメの海水魚】

海水魚は、淡水魚よりも鑑賞性が高いのが魅力です。特に、カクレクマノミは映画「ファインディングニモ」で有名になり、海水魚飼育においても絶大な人気があります。

カクレクマノミをメインに飼育することを前提に、混泳で飼育しやすい海水魚、失敗した海水魚を紹介します。

カクレクマノミ

カクレクマノミは丈夫で飼育しやすく、水槽での主人公、メインの海水魚とするのが、個人的にはオススメです。

2匹飼って、それをペアにしていきましょう。2匹以上飼うと縄張り意識で、他の生態をいじめたりするので、一つの水槽内では2匹までにします。

イソギンチャクとの共生を鑑賞したいと思う人もいると思いますが、イソギンチャクの飼育は難しく、オススメしません。サンゴをレイアウトに取り入れていくなら、サンゴとイソギンチャクは相性が悪いので、どちらかを選択する必要があります。

僕は、サンゴを色々と取り入れていきたいと思ったので、サンゴ派にすることにしました。その中でサンゴとの共生を鑑賞できる、オススメのサンゴはウミキノコです。

デバスズメダイ

スズメダイの仲間は種類が多く、気が荒い種類もあるのですが、デバスズメダイは温和な性格で混泳させるのに、オススメの魚です。

群れで泳ぐ姿が癒されるので、5匹くらいが目安です。

マンジュウイシモチ

「マンジュウイシモチ」イメージ

マンジュウイシモチは、背びれが二つあり、見た目もカッコよさがあります。泳ぎはゆっくりとしていて、性格も大人しいので、カクレクマノミとの混泳が可能です。

ハタタテハゼ

「ハタタテハゼ」イメージ

ハタタテハゼは見た目がカラフルで、背びれが長いのが特徴のある魚です。幼魚のころは群れで行動しますが、成熟すると縄張り意識が強くなるので、1匹だけにしておくのがよいです。フタがないと水槽から飛び出して、死んでしまう恐れがあるので、水槽にフタは必ずしておきましょう。