Kaion Grande

『Kaion Grande』は、海釣り・海水魚飼育・音楽をメインテーマにしたブログです。

Kaion Grande

最強の滑舌を良くする方法

「最強の滑舌を良くする方法」イメージ

滑舌を良くするにはどうしたらいいのか?最強の滑舌を良くする練習方法を考えました。

滑舌が悪いと・・・

滑舌が悪いと、会話に不安を覚えたりと自信を持てなくなったり、いいことではないです。滑舌は練習すれば、向上するものなので、是非やってみてはいかがでしょうか?

f:id:lifespirit:20161028190532p:plain

Tiedosto:Rolling Stones Tongue Logo.png – Wikipedia

「外郎売」とは

「外郎売」とは、俳優や声優、アナウンサーの画期的な発声練習や滑舌の練習方法。

*漢字の読みやアクセントは何種類かあり、どれが正解とかはなく、出典により違うみたいです。

この外郎売をあるアイテムを使いながら、発声すれば、最強の練習方法だと思い、実際に私をこのやり方で練習しています

 

それがこのアイテムです。

ヴォイス メイク(VOICE MAKE)

 

ボイストレーニング器具 Be-Vo [ビーボ]

私は、Be-Voを使っていて、これを奥歯で噛みながら、発声すると滑舌を良くすることができるというアイテムです。

このアイテムを使って外郎売を暗唱する。

これをつけていると、ただでさえ発声しにくいのに、それを外郎売という滑舌のしにくい文をこれを噛みながら暗唱することで、滑舌を良くする練習で一番なのではと思いました。

「外郎売」本文

拙者(せっしゃ)親方と申すは、お立ち会いの中に、
御存知(ごぞんじ)のお方も御座(ござ)りましょうが、
御江戸を発(た)って二十里上方(にじゅうりかみがた)、
相州小田原一色町(そうしゅうおだわらいっしきまち)をお過ぎなされて、
青物町(あおものちょう)を登りへおいでなさるれば、
欄干橋虎屋藤衛門(らんかんばしとらやとうえもん)、
只今(ただいま)は剃髪(ていはつ)致して、円斎(えんさい)となのりまする。

元朝(がんちょう)より大晦日(おおつごもり)まで、
お手に入れまする此(こ)の薬は、
昔(むかし)ちんの国の唐人(とうじん)、
外郎という人、我が朝(ちょう)へ来たり、

帝(みかど)へ参内(さんだい)の折(おり)から、
この薬を深く籠(こ)め置き、用(もち)ゆる時は一粒ずつ、
冠(かんむり・かむり)のすき間より取り出(いだ)す。
依(よ)ってその名を帝より、
とうちんこうと賜(たまわ)る。
即(すなわ・すなは)ち文字には、
「頂き、透く、香い(いただき、すく、におい)」と書いて
「とうちんこう」と申す。

 

只今はこの薬、
殊の外(ことのほか)世上(せじょう)に弘(ひろ)まり、方々(ほうぼう)に似看板(にせかんばん)を出し、
イヤ、小田原の、灰俵(はいだわら)の、さん俵の、炭俵(すみだわら)のと、
色々に申せども、
平仮名をもって「ういろう」と記せしは、
親方円斎ばかり。

もしやお立ち会いの中に、熱海か塔ノ沢(とうのさわ)へ湯治(とうじ)にお出でなさるるか、
又は伊勢参宮(いせさんぐう)の折からは、必ず門違い(かどちがい)なされまするな。

お登りならば右の方(かた)、お下りなれば左側、
八方(はっぽう)が八棟(やつむね)、表が三棟玉堂造り(みつむねぎょくどうづくり)、
破風(はふ・はふう)には菊に桐(きり)のとうの御紋(ごもん)を御赦免(ごしゃめん)あって、
系図正しき薬でござる。

イヤ最前より家名(かめい)の自慢ばかりを申しても、
御存知(ごぞんじ)ない方には、正身の胡椒(こしょう)の丸呑み、白河夜船(しらかわよふね)、
さらば一粒食べかけて、
その気見合いをお目にかけましょう。
先ずこの薬をかように一粒舌の上にのせまして、
腹内(ふくない)へ納めますると、
イヤどうも云えぬは、胃、心、肺、肝がすこやかになりて、
薫風(くんぷう)喉(のんど・のど)より来たり、口中微涼(こうちゅうびりょう・こうちゅうびりょ)を生ずるが如し、
魚鳥(ぎょちょう)、茸(きのこ)、麺類(めんるい)の食合わせ、其の他(そのほか)、万病速効(まんびょうそっこう)ある事神の如し。

 

さて、この薬、第一の奇妙には、
舌のまわることが、銭ゴマ(ぜにごま)がはだしで逃げる。
ひょっとしたがまわり出すと、矢も盾もたまらぬじゃ。
そりゃそら、そらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ。
アワヤ咽(のど・のんど)、さたらな舌にカ牙サ歯音(かげさしおん)、
ハマの二つは唇の軽重(けいちょう)、開合(かいごう)さわやかに、
あかさたなはまやらわ、おこそとのほもよろを、
一つへぎへぎに、へぎほしはじかみ、
盆まめ、盆米、盆ごぼう、摘立(つみたで)、摘豆(つみまめ)、つみ山椒(ざんしょ)、
書写山(しょしゃざん)の社僧正(しゃそうじょう)、
粉米(こごめ)のなまがみ、粉米のなまがみ、こん粉米の小生(こなま)がみ、
繻子(しゅす)ひじゅす、繻子、繻珍(しゅちん)、
親も嘉兵衛(かへえ)、子も嘉兵衛、親かへい子かへい、子かへい親かへい、
古栗(ふるぐり)の木の古切口(ふるきりくち)。
雨合羽(あまがっぱ)か、番合羽(ばんがっぱ)か、貴様のきゃはんも皮脚絆(かわぎゃはん)、我等がきゃはんも皮脚絆、
しっかわ袴(ばかま)のしっぽころびを、三針(みはり)はりなかにちょと縫(ぬ)うて、ぬうてちょとぶんだせ、
かわら撫子(なでしこ)、野石竹(のぜきちく)。
のら如来(にょらい)、のら如来、三(み)のら如来に六(む)のら如来。
一寸先(ちょっとさき)のお小仏(おこぼとけ)におけつまずきゃるな、細溝(ほそどぶ)にどじょにょろり。
京のなま鱈(だら)奈良なま学鰹(がつお)、ちょと四、五貫目(し、ごかんめ)、
お茶立ちょ、茶立ちょ、ちゃっと立ちょ、茶立ちょ、
青竹茶せん(あおだけちゃせん)でお茶ちゃと立ちゃ。

 

来るは来るは何が来る、高野(こうや)の山のおこけら小僧。
狸百匹(たぬきひゃっぴき)、箸百膳(はしひゃくぜん)、天目百杯(てんもくひゃっぱい)、棒八百本(ぼうはっぴゃっぽん)。
武具、馬具、ぶぐ、ばぐ、三ぶぐばぐ、合わせて武具、馬具、六ぶぐばぐ。
菊、栗、きく、くり、三菊栗(みきくくり)、合わせて菊栗六菊栗(むきくくり)、
麦、ごみ、むぎ、ごみ、三(み)むぎごみ、合わせてむぎ、ごみ、六(む)むぎごみ。
あの長押(なげし)の長薙刀(ながなぎなた)は、誰(た)が長薙刀ぞ。
向こうの胡麻(ごま)がらは、えのごまがらか、あれこそほんの真胡麻殻(まごまがら)。
がらぴい、がらぴい風車(かざぐるま)、
おきゃがれこぼし、おきゃがれ小坊師(こぼうし)、ゆんべもこぼして又こぼした。
たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ、
たっぽたっぽの一丁(いっちょう)だこ、
落ちたら煮て食お、煮ても焼いても食われぬものは、
五徳(ごとく)、鉄きゅう、かな熊童子(くまどうじ・ぐまどうじ)に、石熊(いしくま)、石持(いしもち)、虎熊(とらくま)、虎きす、
中にも、東寺(とうじ)の羅生門(らしょうもん)には、茨城童子(いばらぎどうじ)がうで栗五合(うでぐりごんごう)つかんでおむしゃる、
かの頼光(らいこう)のひざもと去らず。

 

鮒(ふな)、きんかん、椎茸(しいたけ)、定(さだ)めて後段(ごだん)な、そば切り、そうめん、
うどんか、愚鈍(ぐどん)な子新発地(こしんぼち)。
小棚(こだな)の、小下(こした)の、小桶(こおけ)に、こ味噌が、こ有るぞ、
小杓子(こしゃくし)、こ持って、こすくって、こよこせ、おっと合点(がってん)だ、
心得(こころえ)たんぼの川崎、神奈川、程ヶ谷(ほどがや)、戸塚(とつか・とづか)は、走って行けば、
やいとを摺(す)りむく、三里ばかりか、藤沢、平塚、大磯(おおいそ)がしや、
小磯の宿を七つ起きして、
早天早々(そうてんそうそう)、相州小田原とうちん香、
隠れござらぬ貴賤群衆(きせんぐんしゅ・きせんぐんじゅ)の花のお江戸の花ういろう。
あれあの花を見てお心をおやわらぎやという。
産子(うぶこ)、這子(はうこ)に至るまで、
この外郎のご評判、ご存じないとは申されまいまいつぶり、
角出せ、棒出せ、ぼうぼうまゆに、臼(うす)、杵(きね)、すりばち、ばちばちぐわらぐわらぐわらと、
羽目(はめ)をはずして今日お出(い)でのいずれも様(さま)に、
上げねばならぬ、売らねばならぬと息(いき)せい引っぱり、
東方世界(とうほうせかい)の薬の元締め、薬師如来(やくしにょらい)も照覧(しょうらん)あれと、
ホホ敬(うやま)って、ういろうは、いらっしゃりませぬか。

これを練習すれば、滑舌はよくなるのではと思います。