Kaion Grande

『Kaion Grande』は、釣り好きWebクリエイターのTAKAMARUが、海釣りやスマホゲームの攻略の他、趣味や暮らしに役立ちそうな情報を発信していく雑記ブログです。Webデザインの依頼や案件も受け付けています。

  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • twitter

NFTを始める理由はココにあった!<NFTの購入と出品までの流れを簡単に説明>

「NFTを始める理由はココにあった!<NFTの購入と出品までの流れを簡単に説明>」イメージ

NFTを始める理由はココにあった!<NFTの購入と出品までの流れを簡単に説明>

話題のNFTを始める理由はココにあった!わかりやすく説明します!

NFTとは非代替性トークンのこと

トークンとは「しるし・証拠、代用通貨、引換券」といった意味で使われます。

金券や株主優待券、暗号資産(仮想通貨)は、Fungible Token(代替性トークン)で、同じトークンであれば他のトークンに取り替えても価値は変わらず、代替ができます。

しかし、NFTはNon-Fungible Token(非代替性トークン)のことで、唯一無二の価値を持った、代替ができないトークンということになります。

アート作品などのデジタルコンテンツを、NFTとして発行可能なイーサリアムといったブロックチェーンプラットフォームを活用して、トークン化することで、他のNFTと区別される識別子をつけることができ 、代替ができない唯一無二の価値を持たせることができます。

NFTになり得る作品ついて

アートやイラスト以外にも、動画・音楽・マンガ・ゲーム・デジタルデータ・トレーディングカードといったものが、NFTとして取引できるコンテンツです。

NFTを始める理由

NFTを始める理由ですが、購入者側と作成者側の両方においてもメリットがあります。

NFTを始める購入者側のメリット

世の中には色んなモノのコレクターがいます。スニーカーやフィギア、硬貨、郵便切手といった色んなモノがコレクターたちによって価値が見い出され、より希少価値があるモノほど、高い値段がついて取引されたりします。

それと同様に、NFTもコレクターにより収集目的で購入されるケースもあります。

また購入したNFTは資産となり、その後資産価値が上がった時に、購入したNFTを転売すれば利益を得ることもあります。

NFTを始める作成者側のメリット

ブロックチェーン技術は、改ざんやコピーを防ぐことにも役立つため、作成者であるクリエイターは、造ったデジタルコンテンツを守ることができます。

世界をターゲットに簡単に出品ができ、出品した作品が売れれば利益を得ることができます。

また、ロイヤリティ設定ができるマーケットプレイスもあり、作品が二次販売されると報酬を得ることもできます。

NFTを購入する、またはNFTを出品する

NFTとなったデジタル資産を購入したり、出品したりするために、下記のようなNFTマーケットプレイスまたはNFTプラットフォームとも呼ばれる取引所を活用します。

  • 『CoincheckNFT(β版)』:Coincheckが運営している国内で最も有名なマーケットプレイス
  • 『OpenSea(オープンシ―)』:ユーザー数と取引数が多い世界最大手のマーケットプレイス

暗号資産を準備する

NFTの取引には、暗号資産が必要なので、暗号資産の取引所での購入が最初のステップです。現状、現金での取引は対応していません。

コインチェックやGMOコインといった暗号資産取引所で口座開設を行い、現金を入金し、暗号資産を購入します。

暗号資産には、ビットコインやイーサリアムやリップルなど数千種類の暗号資産がありますが、NFTの取引にはイーサリアムが主流です。

ソフトウェアウォレットに送付

暗号資産の準備ができたら、メタマスクなどのソフトウェアウォレットのアカウントを作成し、暗号資産取引所から暗号資産を送付します。 ソフトウェアウォレットは、暗号資産やNFTの取引や管理をするだけでなく、NFTを利用したサービスと連携して使うWEB上の財布です。

NFTマーケットプレイスで購入・出品

NFTマーケットプレイスでソフトフェアを接続し連携させると、購入や出品ができるようになります。

おすすめのNFTマーケットプレイスは『OpenSea(オープンシ―)』です。

英語表記のためわかりにくさもありますが、順を追っていけば簡単に取引できます。

まとめ

・NFTは非代替性トークン
・NFTは資産となる
・NFTは不正利用から守られる