Kaion Grande

『Kaion Grande』は、海釣り・海水魚飼育・音楽をメインテーマにしたブログです。

Kaion Grande

Premiere ProでYouTube用にエンコード

「Premiere Pro YouTube用エンコード」イメージ

Premiere ProでYouTube用に書き出しするにはどの設定を選ぶべきなのか。また、書き出しの失敗例も紹介します。

Premiere Proとは

Premiere Pro は、Adobeの動画編集ソフトです。様々な用途やデバイスに合わせた形式での書き出しができますが、YouTube用に書き出しするにはどの設定を選ぶべきなのか。また、書き出しの失敗例も紹介します。

f:id:lifespirit:20161029031414p:plain

YouTube用動画書き出し方法

Premiere Pro は、直接書き出しするのと、Adobe Media Encoderでの書き出しとがあります。直接書き出しでは、Premiere Pro から新しいファイルが直接生成されます。Adobe Media Encoder の書き出しでは、Adobe Media Encoder にファイルが送信され、レンダリングされます。

プリセットはH264で行います。

その中の YouTube HD1080P 29.97 を選びます。
ビットレートは VBR,2パス を選びます。
次にビデオタブのレベルを4.2に変更し ターゲットレートなどはを選びます。
これをエンコードすると HDサイズのMP4拡張子のファイルができます。

 

実際にエンコードを実行した時の失敗例

時間はカウントダウンで表示されるのですが、終了まであと7秒の状態から止まったままで、そこから進捗しない。

バグがフリーズかなんかで、止まったままの表示になっているのかと思っていました。

エクスプローラーでファイルを確認するとMP4ファイルは作成されていましたが、容量は0GBで空きになっていました。

MPEG-4ファイルとAACファイルも同時に作られていて、そこにはデータは既に入っていました。

プレミアプロ側でエンコードを停止させ、しばらくして、エクスプローラーで確認するとMP4ファイルには容量のあるファイルが作成されていました。

ムービーメーカーで再生してみると、普通に再生されました。

やはり最後止まってたのはフリーズで、実際にはエンコードは完了していたんだ。

そう思って、YouTubeに動画をアップロードし、最初から最後まで視聴すると、画面自体はキレイに動いてましたが、効果音のところがプチっと切れてたり、完全に消えてる箇所もありました。

YouTubeにアップロードする際に、完全にそのままアップできない、データは少しは劣化すると聞いていたので、YouTubeのアップロード側に問題があるのだと思っていました。

で、一応確認しようと、アップロードしたデータ、つまりエクスプローラにMP4で保存された動画を見て見ると、まるっきりYouTubeにアップしたものと同じように、音声が壊れてました。

元々ムービー自体が、音割れ(クリッピング)でもしていたのかなと、プレミアプロで再度その音声部分を再生して確認してみると、音割れはしていない。

そこで、気が付きました。

エンコードが失敗していたのだと。

もう1度エンコードをやり直しました。

そしたら、また残り7秒から進捗状況が止まっている。

でも今回は、待ってみよう。

そう思い、5分10分経ち、エクスプローラには先程と同様にMPEG-4とAACファイルにはデータがありMP4ファイルは0GB。

また失敗かと思って、15分経ったくらいに、やっとこさ、チャラーンとエンドコード終了の合図がなり終えることができました。

でMP4に容量のあるファイルができていて、MPEG-4とAACファイルは消えていました。

そして、再生してみると先程の音声部分も問題なく再生されていて、YouTubeにアップロードした動画も音声に問題なく再生されました。

 MP4はコンテナで箱みたいなもの

そこにMPEG-4というムービーファイルとAACという音声ファイルを入れこみ、MP4の音声ありのムービーが作成されるのです。

あと7秒で止まっていたのは、MPEG-4とAACのファイルをMP4の箱に入れこみ合体させてる時だったのだと思います。

フリーズとかバグとかではなく、最後の合体させる段階の時に、強制的に停止させてしまったため、ファイルが壊れた状態で完成となってしまったのだと思います。

つまり、時間は止まってても、裏ではエンコードは進んでいるのです。

エンコードは時間がかかりますが、気長に待ちましょう。